何故ほうれい線はできるの?その予防は?(ほうれい線の原因と予防)

年齢とともに顔の筋力が衰えて、女性の天敵とも言われる、ほうれい線が出来やすくなります。

頬がたるむことが原因の一つです。

深く刻まれたほうれい線は、見た目をとても老けさせてしまいます。

放っておくと、だんだんと深くなっていってしまうので早めの対処が必要になります。
それから、現代社会の食生活やストレス、悪い姿勢などもほうれい線が出来る原因になります。

食の欧米化により、肉中心の食事が良くありません。

また、昔と比べ、パソコンなどの使用により、前かがみになることが増えて、首や肩がこります。

そのため、顔がたるむのです。

現代では、ほうれい線の出来る年齢が若くなっています。

出来やすい方は痩せていることが多く、太った方は皮膚にハリがあるので、ほうれい線が出来にくいことも事実です。
気になるほうれい線を予防するには、スキンケアの際に十分に保湿することが大切です。

乾燥は大敵です。

紫外線予防のクリームなどで乾燥を防ぐことも効果的です。

また、口をすぼめたり顔の筋肉を鍛えるマッサージも効果があります。

ヒアルロン酸やデトックス注射での改善は一時的ですので、なるべく日頃から日常で出来る予防策を立てましょう。

ビタミンCの多い食べ物やサプリメントを摂取したり、食事の栄養に気を付けて和食中心にし、野菜を多く取ることで、体の中からハリと弾力のある肌を作り上げていくことが大切です。

毎日、美肌を意識して過ごすことによって、若々しくなることが出来るのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ