ニキビ痕にならないように…

ニキビ対策は早めの治療で、ニキビ痕をのこさないようにしましょう。

引き日は皮膚の疾患です。

たかがニキビと思わずに、適切なケアをして、痕にならないようにしましょう。

さらに洗顔や保湿に気を配って予防に努めましょう。

ニキビ痕は、大きく分けて、陥没が残るものとシミになるものがあります。

陥没はニキビが治った痕が凸凹になってしまうもので、これはセルフケアできれいにすることは困難です。

美容皮膚科でも、元のツルツルの肌にするのはむずかしいですが、ケミカルピーリングやレーザー、レチノイン酸などでかなり改善することができます。

しみになって残ったニキビ痕は、炎症による色素沈着で、何年か経つと薄くなることがあります。

但し、日焼けしてしまうと、残ってしまうのでUV対策はしっかりとする必要があります。

美白化粧品や定期的なピーリングが有効です。

ニキビケアで最も大切なことは、自分で潰さないことです。

潰すと雑菌が入って可能しやすくなり、しかも周りの皮膚の組織までもが破壊されてニキビ痕ができやすくなります。

 

 

50代の化粧水

 

50代の女性の顔の肌の悩みといえば、加齢による老け顔です。

女性の肌が顕著に衰え始めるのは40代です。閉経に向けて女性ホルモンが大きく減少することが原因です。

肌が急激に乾燥し、シワやシミ、毛穴の開き等の深刻な肌トラブルに見まわれます。

さらに、年々遅くなるオーバーターンが悩みを増長します。

回復がむずかしくなり、さらに悪循環を生みます。

40代で何らかのケア対策をしてこなかったヒトは、50代では肌トラブルがいっそう深刻になって現れます。

深いシワ、たるみ、シミ、くすみ、…など、これらは40代からのトラブルですが、これがいっそう深刻化してゆくと、全く人相が変わってしまいます。

目じりやほうれい線などの深いシワに、たるんだ皮膚がかかることで、顔の印象は一気に老け込みます。

また、遅れがちになるオーバーターンをそのままにしておくと、シミは濃くなり、くすみが顔のトーンを暗くして、いっそう老け顔になります。

一刻も早く適切なスキンケアが必要ですが、やっぱり50代には、乾燥対策とコラーゲン強化がポイントとです。

特に、50代では化粧水の選び方が重要になります。

貴方の肌に合った適切な化粧水でこまめにケアすることが肝心です。

http://xn--z4qw8wnqodwiqzk.club/